渡船・瀬渡しの予約-渡船WEB予約

渡船屋さんマイページ

2015年04月23日「伊美港」(大分県国東市)

HOME > 釣行記 > 2015年04月23日

本日は、チヌを釣ろうと国東で唯一水深のある「伊美港」へ行く。港に着くと釣り人は、1名のみ。釣具店に国東周辺の釣果を聞いても、あまり良い答えは返って来ない。やっぱ、釣れてないんじゃろうなあ。

伊美港 それでも魚釣りに来た以上は、釣らにゃならん。準備を済ませ、先端の左角に釣座をかまえる。ここは、足場がかなり悪い。バッカンを置くのも苦労する。

右から左に上げの速い潮が流れている。足元と左の引かれる部分にマキエを撒く。じぃ~っと、観察するがエサトリは、おらん。早速、戦闘開始じゃ。

しかし、道具が入らん。引かれ潮は、手前の方が速く、風も左から吹く。手前の道糸が右に先行し、ウキを引っ張ってしまう。1投しただけで、ウキをG2から2Bに変える。なんとか道具は入るが、思うように流せない。複雑な潮じゃ。それに風がいかん風が...。

メバル イライラしながら必死で頑張る。エサが全く取られない。どんどん深くする。それで、やっと食って来たのは、メバル。小さ過ぎる。

今度は、本流付近の潮目に直接入れる。上手く入るとウキが沈んでいく。糸を張って待つが、さっぱりエサが取られない。おらんのか!?

ええーい、本流に乗せて流してやる。が、やっぱり食わん。もうイライライライラ.....。

そうこうしていたら、満潮になり下げの潮が走り出す。右の正面に移動する。今度は、速い潮が左側を沖に出て行く。右からそれに引かれる潮を釣る。なかなか釣りやすい。が、食わん。

言い忘れましたが、国東の堤防は、潮が大きい時には本流が通す。100m以上流せるような感じになるんです。しかし、今のチヌは、おそらく本流では食って来ないので、それに引かれる潮を攻めちょるんですわ。

あぁ..今日は、さっぱり食わん。チヌはおらんのか? いや、腕が悪いんじゃろう。今度は、浅い場所や沖の深い場所をあちこちと攻める。浅い場所では、子メバルが食って来る。沖では、エサが取られない。厳しいのぉ~。

チヌこうなったら沖じゃ。遠投の深釣り一辺倒。ガン玉を追加して沖で沈める。あれっ!? なんか道糸が変な動きをした。とりあえず合わせて見る。よっしゃぁーーっ!!! 乗った。これはチヌじゃ。嬉しいねえ。あまりでかくはないが、30cm程のを釣ることが出来た。

よし。もう解ったど。これからじゃぁーっ、と、沖一辺倒で攻め倒す。が、その後、あたりが出る事はありませんでした。


今年の国東半島は、まだまだ厳しいようです。去年の今頃は、絶好調で、チヌも浅いタナまで浮いていました。でも、もう直ぐそうなる事を期待して、日々、精進致します。

チヌ本日の釣果:チヌ×1尾、メバル




-広告-

↑ PAGE TOP