渡船・瀬渡しの予約-渡船WEB予約

渡船屋さんマイページ

2016年05月14日「鶴見崎:タチバナ」(大分県佐伯市)

HOME > 釣行記 > 2016年05月14日

今日は、久しぶりの沖磯じゃ。イサキを釣りたい。メジナも釣りたい。そんな訳で、鶴見崎にやって来た。


1尾目のチヌ そして、渡船した磯は、タチバナ。イサキの実績が高い。

出船は、AM3:30じゃ。まだ暗い。

エサトリが出て来んうちに夜釣りをする。あぁぁぁーーっ、難義じゃのお。老眼で道具が作れん。やっと出来たと思うたら、竿のガイドに道糸が通っとらんのがある。竿キャップの棒が全てのガイドに通っちょらんかったんじゃのお。もうイライライライラ....。


やっと道具を作って魚釣りを開始する。今回は、イサキを釣りたいんじゃ。しばらく何の反応も無い。


張り戻しで食わせたチヌ タナを深くして流す。ちと、よそ見をしておったら道糸が出て行く。おおっ、イサキかっ!?

しかし、引きが違う。こら鯛じゃな。難なく浮かせてタモに収まったのは、綺麗な45cm程の真鯛じゃ。外道じゃが、これはこれで嬉しい。

再びイサキを狙うが、無反応のまま夜が明けてしもうた。


ここで、標準の道具に変える。で、イサキ狙いじゃ。と、いってもよく解らん。メジナの釣り方をする。イサキもメジナも釣れたら嬉しいど。


あわせちゃダメジナしかし、なかなか反応がありませんなぁ。

かなり時間が経ってから、やっとメジナが一匹じゃ。小せぇのお。

潮も動かん。フラフラしちょる。ここは、元間海峡に面した磯じゃ。潮通しは良いはずなんじゃが...。


なんか集中力が沸かん。また、よそ見をしておったら、そんな時に道糸が...おおっ。こいつはよう引く。

なんとか浮かせた。オナガじゃ。45cm程かのお。反転されてチモト切れじゃ。はぁ~


本日の釣果 ふと、足元を見ると何かおる。オナガじゃ。50cm程のが数匹おる。エサトリもいっぱいおる。狙って見るか...

タナを浅くして、ハリスに打っていたG5のガン玉を外す。エサトリの下におるオナガの食わせ方をやって見る。どういう方法かは、言わん。普通にやっても食わんど。いや、食わんこともねえけんど、確立は低いのお。

そんで、足元を攻めると....食いやがった。ギュイイィィィーーーん、ブチっ。チモト切れじゃ。

ハリスは、そのままに針を「あわせちゃだメジナ」に変える。で、また食わす。今度は、最初の走りを止める。なんとか浮かせた。おぉ~オナガじゃ。50cmはあるど。しかし、直ぐに突っ込む。糸は出さん。が、ブチっ。ザラザラじゃ。

やっぱ、50cmのオナガにハリス1.5号の舐めた道具では無理じゃのお。ハリスを2号に上げる。が、なかなか食って来ん。1.7号ではどうじゃ。食って来る。が、切られる。何回かは浮かせるが、再び突っ込まれてやられる。サンノジは、取れるんじゃがのお。


な、なんか知らんが、クソ歯がいいのお~。俺の釣技の無さじゃのお。しゃぁーない。道具を変える。

竿を変える。道糸も2号にし、ハリスは2.5号を掛ける。これでどうじゃ。


あわせちゃダメジナしかし、これでは、なかなか食って来ん。エサトリやブダイは食って来るんじゃが...。

とにかくしつこくやるしかない。俺は、しつけぇーんじゃ。

丁寧に丁寧に攻め続ける。と、食った。ギュイイィィーーんじゃ。必死こいてやりとりする。なんとか浮かせるんじゃがのお。腰溜めして止めようとするが、止まらん。糸は、ほぼ出さん。で、切られる。

根擦れではない。チモト切れじゃ。「あわせちゃだメジナ」を使こうちょるけん飲まれてないと思うんじゃが....解らん。


諦めようか....く、悔しいけんど....。このままじゃ、お土産のイサキを釣る時間が無くなる。


本日の釣果 打ちひしがれて飯を食う。あぁ...腹が減った....。と、俺の後ろで猫が、じぃ~っと見ておった。ここは、鶴見大島の地続きの磯じゃ。島から磯に入って来たんじゃろう。で、俺が切られまくるのを眺めならが、クソヘタじゃのお~とでも思うておったんじゃろう。

パンをやると、食っておった。あんまり旨そうじゃなかったみたいじゃ。やっぱ、魚の方が好いちょるんじゃろうが、やる程釣ってはおらん。こらえてつかぁさい。


そして、再び通常の口太狙いの道具に変更する。竿は、1.15号っちゅう中途半端なやつじゃ。道糸は、1.8号、ハリスは、1.5号じゃ。00号のスルスルで沖へ沈める。食わんのお~。

なんとかメジナの小さいのを2尾釣ったが、イサキは釣れん。イサキを釣りたいんじゃ。


本日の釣果 そんな時、ヤツが食って来た。まだ、道具は浅いタナでウキも見えておる。そのウキがスっと無くなり道糸がバチバチっと!!!

これはオナガじゃ。今まで際でしか食わんかったが、沖に出たんか!? 道具は、細い。が、これで取るしかなかろうもん。やっぱ、食うたヤツは、皆取ろうとするろうが。

もう根性決めるしかなかろうもん。道具が細いからといって糸は出さん。足元に突っ込まれ、竿先が海中に突っ込む。竿を左右に振り回し、止めようとする。が、止まらん。伸された時に、ブンっと糸を出す。

そんなこんなで、なんとか浮かせた。が....だぁぁぁーーーっ、イスズミじゃああぁぁーーーっ。一気に力が抜けた。腕がだるい。俺は、オナガじゃと思うて必死こきよったのに。しかも60cmジャストじゃ。


やっぱ、オナガは、簡単では無いのお~。計7発もブチ切られてしもうたど。まさか、こんな所にこんなにオナガがおるとは思うちょらんもん。しかも、食って来るとは....。で、結局、憧れのイサキは釣れずじゃ。なんもかんも完敗じゃ。要は、未熟っちゅうことじゃのお。はぁ~(T^T)


あわせちゃダメジナ本日の釣果:メジナ×3尾、マダイ、ブダイ、スズメダイ、イスズミ、サンノジ、フグ



今日は、ダイワさんの「DXRエアチューン1.15号-50」を使用した。この竿がこんなに強いとは思わんかった。60cmのイスズミを止めやがった。俺は、竿が折れてもしょうがないと思って溜めまくった。確か保証書は、取ってあったと思う。たぶん糸は、1回しか出していない。この軽い、一見弱そうな竿が、ここまで強いとはのお。

普段、チヌ釣りでも使用しておる。確かにチヌには強過ぎると思っておった。以前は、チヌ釣りでは、これもダイワさんの「SS大島F1号-53」を使用しておった。この竿が好きで長年使用してきたが、竿先が折れ、古い竿がゆえもう部品が無い。新しい竿を慎重しようかと思うたが、かといってチヌ竿は好かん。あの胴から曲がる様が男らしく感じない。やっぱ、先調子の竿を胴から曲げるのが良い。

あ、もっと書こうかと思うたが、飽きた。それでは、そういうことで、また、よろしくっす!



-広告-

↑ PAGE TOP